aratana Tech blog

ECテクノロジーで 世界をもっと楽しく もっと笑顔に

ランチLT会「Tech Lunch」の9回目を開催しました

f:id:kikuchi_hiroyuki:20181204160210j:plain

こんにちは! クリエイティブグループ所属フロントエンドエンジニアの菊地宏之です。

Advent Calendarで盛り上がっているさなかですが、恒例ランチLT会「Tech Lunch」の9回目が開催されましたので、そのレポートをお送りしたいと思います。

目次

発表内容

1. 『どどどどどうがのつくりかた』 岩切(tek)

通常業務に留まらず、社内イベントで使われるデザインや動画まで何でも手がけるデザイナーです。

f:id:kikuchi_hiroyuki:20181204160200j:plain

動画を作成するにあたり使用するソフトの組み合わせ(After Effects 、Premiere、Blenderなど)や動画を作るときの構成(スライドで流れを作成してイメージを共有 or 音楽から考える)を実際の動画を交えながら説明してくれました。

2. 『Atomic Design ✗ バージョン管理』 津曲

aratana gatewayのフロントエンドデザインには、Atomic Designを採用しています。Atomic Designを構成するatoms、molecules、organisms…などの解説を「お弁当」に例えて分かりやすく解説しながら、実際のサイトのデザインと合わせて説明をしてくれました。

f:id:kikuchi_hiroyuki:20181204160204j:plain

実は、発表スライドもAtomic Designで構成されていたのは衝撃的でした。

3. 『Serverlessconf Tokyo 2018の共有』 中島

サーバーレスエンジニアの中島より、Serverlessconfの参加レポートでした。

f:id:kikuchi_hiroyuki:20181204160155j:plain

「(誰もが知っている)あの企業の、あのサービスがサーバーレスで構築されてるなんて!」と感嘆する内容ばかりでした。 何気なく使っている製品でも裏側は凄い仕組みで動いているのだと改めて感じました。

まとめ

今回は開発者だけではなく、デザイナーも参加してくれました。開発者に限らずデザイナーもエンジニアリングして業務に取り組んでいます。
また、Serverlessconfの他にもVue Fes Japanなどのイベント参加についても会社が負担してくれたため、遠方でも気軽に参加することができました。