アラタナエンジニアブログ

aratana Engineer's Blog

2017年買って・使ってよかったーというアイテム・サービスのアラタナ14選!

この記事は aratana Advent Calendar 2017 - Qiita 17日目の記事です。
前日の記事は静かに燃えたぎる魂をもつ「ジョー・大柳」さんによる「Vue.js Tokyo v-meetup #6 で meetup!」でした。

Vue.js、アツいっすね!

ちなみにアラタナは宮崎県に本社がありますが、仕事に活かせる勉強会やイベントには出張に行ってもらって参加可能です!(上長判断)


f:id:issei-homan:20171208051724g:plain
aratana advent calendar 2017

もうすぐクリスマス。自分への投資やご褒美に、いかがですか?
アラタナの穗滿(ほまん)です。


2017年に「買って・使ってよかったーというアイテム・サービス・ツール」を、アラタナのメンバーに聞いてみました。必ずしも仕事に関係するってものばかりじゃないのですが、自分のライフスタイルを充実させるためのものという視点でまとめています。

自分自身が安定している人」になれるように、自分への投資、自分磨きをして、価値を高めていきましょう!






MIRAHOME社のMOORINGというマットレスをご存知でしょうか。

MOORINGのコントローラー。アプリからリモート操作も可能!
MOORINGのコントローラー。アプリからリモート操作も可能!

内蔵されたセンサーが睡眠中の心拍数・呼吸・体動の身体データを測定し、記録してくれます。寝室の温度や湿度などの環境データも同時に記録することで、睡眠を分析してくれる優れもの。そして、プロダクトとして全体的に(箱とかコントローラーとかマット自体も)いちいちおしゃれです。


また、ヒーター機能が備わっているので、電気敷毛布の役割も果たしてくれます。この季節には嬉しい機能です!アプリもあり、アプリ経由でリモートから温度調整ができます。妻がコントローラーの使い方がわからないということで、出張先の東京から温度調整してあげてました(笑。


我が家ではダブルサイズを使っており、左と右の半分ずつで温度調整や各種数値の分析が可能です。これにより暑がりの僕と寒がりの妻でも一緒に使えて快適です!


人生において睡眠時間の割合や役割を考えた場合、みなさんは十分な自分への投資ができてますか?枕や布団、マットレス、温度調整などは睡眠の質にも関わってきますし、体調管理や仕事効率などにも関わってくる、とても重要なことだと思います。


ぜひ、寝る環境にも投資して改善していきましょう!




スタッフ:桑畑くん

f:id:issei-homan:20171214174154j:plain

子供の頃からラジコンヘリをいつか操縦したいと思っていたのですが、より安定したドローンが誕生しましたよね。しかも4Kカメラ付き。まじでヤヴァい。


桑畑くんが持っているのは DJI Mavic Pro
store.dji.com


桑畑くん曰く、

「これまで東京にいたときにもカメラやダイビングを趣味にしてきましたが、海外のダイビングツアーで知り合いがドローン空撮をしているのを間近に見て購入しました。


都市部ではドローンの規制が多くあまり自由に飛ばすことはできませんが、宮崎ならちょっと車で移動するだけで規制のないエリアばかりでドローン映えする景色がたくさんあるので、ぜひ一度飛ばしている様子を見てもらって気になったら自分のものを購入するのをオススメします。こんなに自由な遊び場があるのにもったいない!


実際に何度か飛ばしていると「あの位置から見下ろすと面白いかも」とドローンを飛ばすための視点で景色を見ることもできるようになり、自然の捉え方がダイナミックになります。ドローンを自由に飛ばす体験をすることで見える世界も変わってきますよ。」


とのこと。本当にその通りだと思いますね。宮崎はサーフィンポイントが多くて有名ですが、ドローンポイントも発掘していって有名になれたらいいなって思いますね。


実際に日南・串間で撮影したドローン映像はこちらです。
youtu.be



誰もがもってない今だからこそ、いまから操縦に慣れたり映像のかっこいい撮り方などを研究しておくと、ひょんなことから「撮影してよ!」っていう感じで依頼されて、仕事につながる可能性もありますよね。桑畑くんの場合、アラタナのコーポレートサイトのムービーも提供してくれています。
www.aratana.jp



今年は色々投資しちゃったので、来年には僕も買いたい・・・!



スタッフ:木目沢さん

f:id:issei-homan:20171214175351j:plain

キーボードはエンジニアにとって必須のツールですから、自分が心地よくタイピングできるキーボードを見つけて投資すべきだと思います。その中でもエンジニアが愛してやまないHHKB。その廉価版とのことで、約6,000円ほどの投資で入門することができます。


木目沢さん曰く、

Macのキーボードとかだと薄いじゃないですか?僕は腱鞘炎になったんですよねー。それでHHKBが欲しいと思ったんです。ほんとうは高い方のHHKBが欲しいんだけど、RPG的に言ってもまずは木の剣から鉄の剣、鋼の剣、最終的に聖剣エクスカリバーってレベルアップしていくじゃないですか。そんな感じです。ちなみに写ってるパームレスト(木製)は手作りです。あげませんよ?」



大人になってからなかなかレベルアップ感を感じられなくなるので、腱鞘炎を解決しつつ近い将来、本物の武器を手に入れて使いこなしまくれるように頑張るのも重要。みなさんはどんなキーボードを使ってらっしゃいますか?あと、パームレスト




スタッフ:穗滿

Google Earthで会社周辺をみてみた。。見よ!!!この没入感、パねぇ!!
Google Earthで会社周辺をみてみた。。見よ!!!この没入感、パねぇ!!

以前からウルトラワイドディスプレイはゲーマーを中心に流行っていて、最近では入手しやすい価格になってきました。僕が最近購入したのはLGの34UC88-B 34インチ/曲面 ウルトラワイド(3440×1440)ディスプレイです。


もちろんゲームをするためではなく、仕事の効率が上がると思って投資したものです。結論をいうと「買ってよかった!」の一言です。WIREDにも記事が上がってますね!
wired.jp



曲面っていうのは両端が若干前方に曲がっており、画面中央と両端との目線の距離が同じくらいになるようになったものです。曲面になってないウルトラワイドディスプレイもあり、曲面に比べ安価であることが多いようです

画質も美しく、高さも傾きももちろん変更可能。この曲面がクセになります・・・って結構曲がってますねw
画質も美しく、高さも傾きももちろん変更可能。この曲面がクセになります・・・って結構曲がってますねw


アラタナでは作業効率の観点から、2画面以上(ノートパソコンの画面も含む)の複数ディスプレイ構成が標準です。仮にディスプレイを2台並べた場合、ディスプレイのメーカーが同じでも型番が違うものが多く、高さが揃ってなかったり解像度が違ったり、発色具合がちがったり、中長期計画の横にながーい資料を見る際には見切れて一覧性が悪かったりするのが改善の余地ありと考えていました。そこで、ウルトラワイドディスプレイの出番ってわけです。


役職柄、Excelスプレッドシートなど横長の資料を見ることが多いのですが、一目で全体を見渡すことができます。また、Mac OS X El Capitan 以降の Split Viewやディスプレイ付属の「OnScreen Control」のような画面分割ソフトウェアをインストールすれば、画面を擬似的に分割して表示もできます。僕は onScreen Controlで3分割表示してますが、3440pxもあるので、1画面あたり1146pxほどで表示でき、不自由は感じないですね。


デュアルディスプレイの時に比べものすごく効率がアップがあるかというとそこまでではないかもしれません。しかし1台で配線もごちゃごちゃいないですし、スッキリしてデザインがかっちょいいので、モチベーションが上がります(笑。その結果、仕事熱心になれそうですね。


さらに、HDMIとDisplay Portを備えているので、2台以上のPCの画面表示を2分割して表示することも可能です(笑。


遊びとしては、Google Earthの3D表示をみると、その没入感に圧巻されます(笑。




スタッフ:穗滿

RICOH THETA - 片手で持てるこの小さなカメラで、思い出の深みが増します
RICOH THETA - 片手で持てるこの小さなカメラで、思い出の深みが増します

RICOH THETA は360度の写真や動画を撮影できるカメラです。
theta360.com

別売りのVRディスプレイとスマホ(アプリ)などを駆使して、撮影した写真や動画を360度見渡すように楽しむことができます。大切な人と過ごした何気ない日々の1コマや、自分がみてきた風景などを撮影することで、後から見た人が撮影時の風景を360度見渡すことができます。もっと動画の質が上がってくると、本当にタイムスリップした感じにもなりそうですね!


普通のカメラだとレンズが向いている一方向の映像しか撮れませんが、THETAなら飲み会やイベントの全体的な雰囲気やみんなの表情、子供が笑ってる顔の先にある親の顔なんかも同時にに撮れますので、後世に思い出や記録を残すのに重宝しますし、素晴らしいプロダクトだと思います!


こういうものも今買っておけば、2度ともどってこない「今」を記録することができます




スタッフ:蔭山くん

f:id:issei-homan:20171214180142j:plain

各社から様々な音声アシスタント(AI)が搭載されたものが発表されていますね。アラタナでは昨年時点ですでに、Echo dotを手に入れていたCTO月岡さんが遊んでましたが、今後続々と参入してきそうな気配です。GoogleAmazonAppleもLINEもそれぞれが違うサービスを提供してスタートしているにもかかわらず、ここにきて同じような製品をつくり、シェア争いしてる展開が不思議であり、面白いですよね。


さて、オススメしてくれた蔭山くん曰く、
「音声の聞き取り能力や天気予報の精度なんかはGoogle home miniに軍配、全体的なサービスや音の質の満足度は Amazon Echo dotに軍配」とのこと。さらに、アシスタントを呼び出すときに「OK, Google」っていうのは「Alexa(アレクサ)」って呼ぶよりも長いので、少々面倒らしいです。テレビCMの「OK, Google」にもめちゃくちゃ反応しちゃうとのこと(笑。


僕もAmazon Echoを持っているのですが、うちの3歳の息子の場合は「さしすせそ」がまだ舌足らずで「たちつてと」になるので「アレクサ」じゃなくて「アレクタ」って呼んじゃうので、反応しないのがかわいそうです(呼び方は変えられる?)


洗濯物を干す前に、自分が住んでいる地域の天気予報を簡単に聞けたり、カラオケができたり、ピカチュウを呼び出せたり。これから夢広がりますね♪



スタッフ:長友くん

長友くんオススメなのが「ゲーム機やパソコンに繋げて、寝ながら見れるHD画質のディスプレイゴーグル」のEYE THEATERです。
www.thanko.jp


長友くん曰く、

「仮想空間に表示されるディスプレイなので、スマホをVRゴーグルに挟むタイプではなく、接続すればこれ自体がモニターになります。手元にスマホを置いておけるので、映画とか見ながら着信があればすこしずらせば簡単にスマホを操れます。寝転がってても目の前にディスプレイがあるので、寝ながらでも仕事ができるかもしれませんね!」


寒い冬に布団から出たくないとき、こんなものが布団の近くに置いてあったら、引きこもれちゃうアイテムです。上で曲面の巨大ディスプレイをオススメしといてアレなんですが、ディスプレイって結構場所とるので、仮想空間にディスプレイって実は結構いいかもしれません。ショルダーハックの恐れもないですしね。でも、職場のみんながこのディスプレイを頭につけて仕事してたら、異様な風景でしょうねw


でも、そんな未来があなたの側に・・・迫ってるのかもしれません(世にも奇妙な物語風)。




スタッフ:蔭山くん

新卒2年目の蔭山くんが口腔洗浄器推してくるなんて、そうとうイケてますよね。


蔭山くん曰く、
「これが必需品かどうかといわれるとそうじゃない。しかしこれは癖になるんじゃああ!最初痛いと思ってたのが、歯と歯の間の歯垢とかがごっそりとれると、歯磨きってほとんど取れてなかったんだって気がついてしまうんだーーー!最初痛かったのが、気持ちよくなってくるんだあああーーーー!」とのこと。



さぁ、この感覚が味わってみたいなら・・・おためしあれ。



スタッフ:志賀ちゃん

f:id:issei-homan:20171214180405j:plain

志賀ちゃんオススメの珪藻土バスマット。お風呂から出る時、前の人の水分がバスマットについてて「冷やっ」とした感じが寒くて気持ち悪い体験をされたことがあるなら、珪藻土のバスマットがオススメです。だいぶ安くなったなぁ。個人的にはちょっと高いですがsoilのブランドが好きです。



マニアックな使い方としては、濡れた足型を見て、土踏まずの形状を毎日確かめて見るなんて楽しみ方もあります(非公式)。



スタッフ:菊地くん

書籍ほど安価な投資はないと思います。お金がなくともエンジニアたるもの、書籍は月に万単位で買い込んで勉強しまくってほしいものです。


さて、アラタナが誇るバリバリのフロントエンドエンジニアである菊地くんから、以下の2冊の本をオススメしてもらいました!



「Webフロントエンド ハイパフォーマンス チューニング」

Webフロントエンド ハイパフォーマンス チューニング

Webフロントエンド ハイパフォーマンス チューニング


菊地君曰く、

「基礎的な部分を押さるならこれ。こういうのをやめましょうってのが多く書かれていて、丁寧。運用実績の長いサイトほど、この基本を押さえて対応できると、効果が期待できそうです。」とのこと。


「超速! Webページ速度改善ガイド ── 使いやすさは「速さ」から始まる」

超速!  Webページ速度改善ガイド ── 使いやすさは「速さ」から始まる (WEB+DB PRESS plus)

超速! Webページ速度改善ガイド ── 使いやすさは「速さ」から始まる (WEB+DB PRESS plus)


菊地君曰く、

「上の本と重複した部分もあるが、より深いところや最新のことがが書かれていて、調査と改善という目線から書かれている。技術的なところだけじゃなくて改善の思想についても言及されており、どうしていくのがいいのか考えることができるところが良い!」とのこと。


ちなみに、これらの本は最初から最後まで通読しなくても、気になるところから飛ばして読むことができる点もよかったとのことでした!




スタッフ:ジョー・大柳さん

Netflixはネットを利用したオンデマンドの映像サービスです。huluやAmazonプライム・ビデオなどと同じようなサービスですね。

www.netflix.com


個人的にNetflixは AppleTVから楽しませてもらっており、「テラスハウス」とか「あいのり(また新しいシーズンがスタートしてます)」とか遠い昔の青春みたいなことをしている人たちを遠い目で過ごしてます。


しかし、ここはフロントエンドエンジニアのジョー・大柳さん。プレステ4から楽しんでらっしゃるようですが、huluやAmazonプライム・ビデオよりもNetflixのUIが使いやすい!とのこと。

  • コマ送り(シーンセレクタ)でコマがでてくれるのでわかりやすい。(huluやアマゾンにはない)
  • イントロスキップ機能があり、連続して見るときに無駄なオープニングをスキップできて便利。


また、Netflixは結構オリジナルコンテンツが多く、質がいいものが増えてきているので満足されているとのこと。ただ、ガンダム系が少ないので、その辺で他のサービスも使って補われているようです。




スタッフ:木目沢さん

浦和レッズの熱狂的ファンである木目沢さんですが、宮崎は民法2局しかなく放映されないのでTVでの応援はできません。時々直接現地にいって応援しているようですが、毎回は厳しいのでDAZNを利用して応援しているようです。

www.dazn.com



木目沢さん曰く、

「後追いでみらられるので便利。これまではスカパーの衛生放送だけだったのが、ネットで配信されるようになったんですよねー。ネットで見られるってことは外出先でもみられるので超便利。」


どんどんネットのオンデマンド配信になっていきます。民放やケーブルテレビは大丈夫かな?ただ、みんなネットで動画みるからか、光回線でも遅くなってきたなーって最近感じます。もうこれは不可避な状況なので、プロバイダーに頑張ってもらって回線を太くしてもらうしかないですね。




スタッフ:穗滿

Slidesはプレゼンテーションの作成サービスです。

slides.com

Webベースのプレゼンテーション作成サービスなので、WEBブラウザ上でプレゼン資料を作っていきます。基本的にはGUIで作成できますが、細かい部分を調整したい場合はHTMLやCSSをつかって見栄えを変えたりすることができます。さらに、エクスポートさせればファイル自体はHTMLなので、オフラインでもWEBブラウザさえあればプレゼン可能です。


また、SMS(電話番号でショートメール)する形でコントローラー用URLをスマホに飛ばせば、スマホをコントローラー化することができます。おそらくネット経由でスライドをコントロールできる感じなので、アプリなどを入れる必要はありません(よくあるリモコンアプリや同一Wi-Fi上でのコントロールとはちがい、http(s)を使った同期のようです)。


その他にもLive機能というものがあり、Live用のURLを共有することで、登壇者が開いているページと閲覧者の開いているページの同期をかけ、みんな同一ページを開いて閲覧できるようにする機能などがあります。途中から参加された場合や、印刷してお渡しできないようなプレゼン資料、プロジェクターが使えない会場などで重宝しそうな機能です。




スタッフ:穗滿

僕は家庭的な事情などがあり、車で片道1時間の運転をして通勤しています。


その通勤時間を少しでも有意義なものにするために様々な試みをしているのですが、その中でもオススメなのがAudibleという書籍の内容ををプロ読み上げて配信しているサービスです。

www.audible.co.jp

スマホにアプリを入れれば利用が可能です。人が読み上げてくれているので聴きやすく、倍速など設定ができるので朝から脳の回転を早めた状態で出勤できます。英語を勉強してる人なら、TEDをはじめとした英語のコンテンツもたくさんありますよ!


本を目で読み続けるのが慣れない人や、慣れないジャンルの本を長時間読み通すのは結構辛いと思いますが、聴くというのはストレスが少ないように思います。


小説や啓発本とかだと6時間以上のものがザラですが、1日1往復の2時間移動で、3日で読み(聴き)終わります。もちろん、倍速にすればもっと早くおわります。その他にも落語があったり、本を丸ごと一冊ではなく要約版(10、20分程度でざっくり要所の読み上げがされているもの)もあり、気に入れば本を買えばいいかなと思います。


毎日だと音楽も飽きてきちゃうので、本を聴くという習慣もなかなかいいものですよ。


最後に


いかがでしたでしょうか。欲しい!使いたい!って思ったが吉日。
責任はとりませんが、ご購入・ご利用をされたらよろしいと思います!(無責任)


現場からは以上です!



明日はアラタナのハイパーメディアクリエイター兼デザイナー兼ショベルカー操縦までできるtekuro_iwakiriさんによる
「サイトで動画を扱う場合にハマったアレコレ」です。
これからは動画の時代ですから、必見です!