読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラタナエンジニアブログ

aratana Engineer's Blog

年末年始に技術書を読み込んでみませんか?Kindleポイント還元セール開催中!

この記事はアラタナアドベントカレンダー7日目の記事です。


f:id:kimesawa:20161202085600j:plain

6日目はマーケチームによる、年末に売り上げを作るためにやるべき4つのことでした。

この記事を読んで、年末商戦を乗り切りましょう!

さて、今回は、年末年始ということで、Kindleストアの方も大セール開催中ということで、
エンジニアらしく、年末年始に読みたいセール中のおすすめの技術書をご紹介します。

※ セールはいつまで開催中かは不明です。購入の際は自己責任でお願いします。

1冊目は、
エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計 (IT Architects’Archive ソフトウェア開発の実践)

ドメイン駆動設計といえば、という本。元々ちょっとお高い本ですが、ポイント50%還元となっています。
年末年始に読み込むにはちょうどいい厚さですね。

オブジェクト指向で設計していて、もっときちんと設計したいと思う方にまずおすすめの本です。

エンジニアなら必ず読んで欲しい一冊がセールでお得となっています。

2冊めは、
ユースケース駆動開発実践ガイド

ユースケースから実装までの設計の過程を学びたい方におすすめの本です。
普段ユーザーストーリを使っている人も学ぶべきことは多いです。

この本を読めば、ユースケース・クラス図・ロバストネス図・シーケンス図など最小限のUMLセットを使って実装まで持っていけます。

要件を実装に同結びつけていくかに困っている方におすすめです。

3冊めは、
レガシーコード改善ガイド (Object Oriented SELECTION)

レガシーコードを抱えているチームにおすすめです。

コードを理解し、テスト可能な状態まで持っていき、リファクタリングもできるようにしていく過程が学べます。

4冊めは、
ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書

ビジネスモデルキャンパスといえばこの本です。

仕様や要件より、そもそもビジネスモデルについて学びたいという方におすすめの本です。

一度実践で使ったことがありますが、ビジネスモデルキャンパスを埋めていくことで、これが足りていなかった!という発見や、
このビジネスの強み・弱みがはっきりわかったりして、イノベーション的なビジネスでなくてもとても便利なフレームワークです。

5〜7冊めは、
達人に学ぶ SQL徹底指南書
達人に学ぶDB設計 徹底指南書
プログラマのためのSQL 第4版

この冬SQL・DB設計を極めたい方におすすめの3冊です。

実践的かつ、きちんとした設計を学べます。本書にあるようなバッドノウハウの事例のような設計をしている・SQLを書いているチームっていまだに多い気がします。

今更RDB?と言わずに基礎をみっちり学ぶ冬はいかがでしょうか?

最後に、Amazon漁ってたら読みたくなった本のご紹介
みんなの掃除・片づけ日記 (みんなの日記)

大掃除の季節ですね。


f:id:kimesawa:20161202085600j:plain

次回のアドベントカレンダーはマーケチームのルーキー、中島パイセンです。SEOのお話ですね。
新卒で入社して8ヶ月。成長した彼の姿を見てあげて下さい\(^o^)/