アラタナエンジニアブログ

aratana Engineer's Blog

AWS re:Invent 2014に行ってきました ~シアトルAWS本社見学編~

こんにちは アラタナの月岡です。

先日、米国はラスベガスにて開催されましたAWS最大のユーザーカンファレンス
"re:Invent 2014"に行ってきましたのでその模様をレポートさせていただきたいと思います。

f:id:ststyle:20141125150512p:plain
「AWS re:Invent」 より

AWSについてはサーバエンジニアな方はもちろん、技術系の方ならご存知だと思うのですが
詳しくは以下をご覧ください。

AWSとは?

http://aws.amazon.com/jp/
簡単に言いますとクラウドコンピューティングを活用した仮想サーバやストレージ、データベース等が
提供されるオンラインサービスとなります。

re:Invent自体は通常のビジネスマーケティングのものとは少し違っていて
AWSのラーニングという位置づけが強く数多くのセッション(その数200超え!!)が準備されております。
加えて基調講演ではAWAの最新動向や新サービスの発表などなど。
f:id:ststyle:20141125151200p:plain


さて今年で三回目を迎えるこのAWSのグローバルカンファレンスですが
私は昨年に引き続いて二回目の参加となりましたが、
今回はre:Inventのカンファレンスの日程前に場所はシアトルにあるアマゾン本社を見学できるという
ツアーから参加をさせて頂きました。
本記事では第一弾としてシアトルでのAWS本社見学編ということでレポートさせていただきます。

シアトルはいつも曇のイメージでしたが我々が到着した日は天候にも恵まれました
f:id:ststyle:20141125190735p:plain


まずはシアトル到着初日に訪問したアマゾンの旧本社
現在は病院とのことですが、当時の秘話で伺ったのですが、
この建物ですがものすごく古い建物らしくエレベーターが超絶遅いとのことで
当時エンジニア達はエレベーター内でMTGを行なってしまうレベルだったとか。
こぞってエンジニア達はエレベーター内にペタペタと付箋を貼っていたらしいです。
面白いですよね。
f:id:ststyle:20141125190833p:plain

記念に一枚パシャリ
f:id:ststyle:20141125190329j:plain

こちらは現在のオフィス
ふなっしーを彷彿させるものが窓に見えますが近くで見ると付箋でしたっ!!
さきの付箋文化がきちんと継承されていますね。
(現在AWSチームは別のビルに引っ越しとのこと)
f:id:ststyle:20141125191210p:plain

こちらはアマゾンの新しいビルのエントランス
f:id:ststyle:20141125191524p:plain

そしてついにやって参りました!!
思っていたよりも小振りでシックでありながらもその独特の雰囲気を醸し出すエントランスでは
平静を装いながらもかなりテンションが上がってましたっ!!
f:id:ststyle:20141125152806p:plain


そしてこの本社見学ツアーでは本社で働く方々に4つのセッションを企画していただけました。

f:id:ststyle:20141125192348p:plain


はじめにサポートチーム東 様のお話

AWS Supportの紹介
サポート・保守チーム エスカレーションマネージャ 東 祥平

  • 会社のビジョン
    • 地球上で最もお客様を大切に会社。
  • サポート体制
    • 法人向けの2プラン (エンタープライズ、ビジネス)
    • 個人開発者、開発者向け
    • ※日本語対応 (24時間対応:受付のみではない)
    • ※ケース起票に制限なし
  • シアトルにメンバーを配置するメリット
    • シフトの効率化
    • サポートエンジニアのワークライフバランス向上。
    • マルチナショナルなタレントの採用
    • 二拠点での相互バックアップ体制
  • 生活面
    • 夏場は涼しくトレッキングコースやクエンが豊富
    • ゴルフが格安
    • 米国では珍しくバス、電車の路線が豊富
    • 水が豊富


続いてAmazon Kinesisの開発マネージャーである堀 剛さんのセッション。
(今回特に印象的でした!!)

Amazon Kinesis engineer
Development Manager : Go Hori

Kinesisサービスを日本人の方が牽引している事自体とても誇らしいですよね。
日本語を話すの久しぶりなのでちゃんと喋れるか不安ですって!! (言ってみたい)

Kinesisのサービス概要や生い立ちの話などに加えてアマゾンが唱えるリーダーシップについてご講演いただけました。
Kinesisは昨年のre:Inventで発表されたサービスです。
昨年のレポートでも触れてますので興味のある方は是非!!
【第二話】AWS新情報について – インフラエンジニアのアメリカ旅「AWS re:Invent 2013 in LasVegas」

  • Kinesis概要
    • ストリーミングデータをリアルタイムで収集し処理する
    • フルマネージ型サービス
    • 従量課金=測定(Metering)
  • Kinesis生い立ち
    • AWSの従量課金で測定する仕組み(Metering)はもともとあった。
    • 上記の各種課題解決から開発された (パフォーマンス向上,リアルタイム分析,ビッグデータの蓄積,オペレーションコストの削減)
  • 大量データの処理要求
    • リアルタイム
    • Keep everything
    • エラスティックな処理要求
    • 複数の目的に応じて同じデータを並行処理
  • 我々の仕事
    • 開発
      • カスタマーミーティング
      • 要求、設計、開発、テスト
    • 運用
      • オペレーション・オンコール
      • 保守,運用,顧客対応
    • 採用活動
      • インタビュー
      • メンタリング
  • チーム規模
    • Two Pizza rule

小人数で小回り効く数ってことですよね。

特にこの話が面白かった!!

Leadership Principles
(リーダーシップの原理、信条)

  • Leadership Principles
    • Good intentions are not good enough (やる気だけではダメ!)(意思、意図、やる気、善意)
    • Need a Closed Loop System (やる気をシステム化、数値可 イテレーションしながら最適に!)
    • Customer Obsession (すべてお客様からプライオリティ、PRFAQ (お客様の立場に立って質問) 、運用、Ops Report:お客様の経験 experience)
    • Invent and Simplify (常にシンプルな方法を模索、ビジネス、アーキテクチャ、デザイン、プロセス、プライシング 、MVP:minimum value product : シンプルに最低限の

フィーチャーセットで進めるか。)

    • Think Big (大きく考える、お客様に貢献するために従来と異なる新たな視点を持つMetering → Kinesis、大胆な方針と方向性)
    • Ownership (長期的な視野、DevOps・開発、テスト、運用、ディペンデンシー・依存性、投資、会社全体のために行動、「それは私の仕事ではありません」と決して口にしちゃダメ。

)

    • Deep Dive Root cause analysis (根本問題の解析、運用・5 whys)
    • Deliver Results (完璧主義 vs. いいあんばい、イテレーション、あきらめない)
    • Bias for Action (分析麻痺、プロトタイプを使ってフィードバックもらう)
    • Insist On Higest Standard (高い水準を追求 → この水準は高過ぎるかも)
    • Hire and Develop the best (高いカバー、カルチャーフィット(LP : Leadership Principle)、メンタリング、フィードバック)
    • Are Right, A Lot (正しい判断、新しい決断を常に、最初の判断にしがみつかない、経験)
    • Vocally Self Critical (失敗を認める)
    • Earn Trust of Others (謙虚に耳を傾ける)
    • Have Backbone; Disagree and Commit (敬意をもって異議、安易に妥協しない、決定には全面的にコミットメント)

最後にIotのビッグデータ処理にKinesis強いので是非使ってフィードバックください!!
ということで堀さんのお話が終わりました。

このLeadership Principles についてはAmazon CAPTCHAでも確認出来ます!!

続きまして
RDSのプロダクトマネージャーであるPavan Pothukuchiさんから最新動向のお話

    • New region (Frankfult)
    • General Purpose(SSD) storage
    • Cross resion replication
    • MySQL 5.5 to 5.6 upgrade
    • M3,R3 and T2 instane types
    • InnoDB cache warming

最後はDynamoDBチームの開発者であるAlexさんからDynamoDBの概要のお話がありました。
Alexさんの資料がオール日本語でかつ日本語が流暢なことに会場一体びっくりでした!!
(独学で学んだそうです。)

f:id:ststyle:20141125163939p:plain

  • Hash Key (UniqueKey of table)
    • Scan
    • Hash Key + Range Key (例えば日付の期間で検索できたり)
    • Scan + Query
    • Local Secondary Index (Range Key以外でのQuery)
    • Global Secoundary Index (Hash Keyを超えたQuery)
  • 1アイテムの更新はアトミックに可能
  • 読み込みの一貫性は二種類
    • Strongry Consistent
    • Eventually Consistent
      • Filterを設定したScanQuery
  • 並列アクセスの制御
    • Conditional Update
    • Attribute Xの値が◯◯に等しい/以上/以下だったら などの条件をつけた更新
    • Set型を使う際には値がSetに含まれるかもなど

ドラえもんを例に用いてDynamoDBの説明をされていましたw
f:id:ststyle:20141125163951p:plain


本社見学の感想
シアトルではアマゾン旧本社訪問などをさせていただいたりLeadership Principlesなどの講演を聞く事で
その行動規範がきちんと浸透してサービスに活かされ、そして顧客満足の貢献しているのだなと改めて実感することが出来ました。
アマゾンのルーツやDNAに少し触れることが出来てとてもいい機会でした。
なぜかすこし日本的な会社だなとも思いましたね。
フットワークを軽くする為に小人数のチーム編成でプロジェクトを進めて
顧客満足の為にとことん追求してサービスの品質を高めていく。
これはアツイですね!!

シアトル編はこのへんで!!